代表 挨拶 つづき

 

《僕の話》 

僕のことを少し書かせてください

 

18歳の時、小さな頃からの夢だったお笑い芸人になるために僕は上京しました

 

26歳までの8年間、自分なりに一生懸命頑張りましたが、限界を感じお笑い芸人の道を諦めました

 

新しいものを作りたい!

 

そんな気持ちでお笑いの世界に飛び込みましたが、厳しい世界でした

 

諦める時、意外と後悔はなくすがすがしい気持ちでした

思い切りチャレンジし、とんでもない人たちを間近で見ることができたからだと思います

 

挫折後、やりたいことはすぐには見つかりませんでしたが生活をしていくために働かなければなりません

 

近所の工場で働かせてもらうことになりました

 

一ヶ月働いて給料を貰いそのお金で生活し、また同じ作業をこなし、また給料を貰い生活し、また同じ一ヶ月が始まり終わる、

 

これで良いのか!?

 

お金は全くなかったけど大きな夢はあった芸人時代の生活とのギャップに苦しんだ僕は、優しく接してくれる先輩に相談しました

 

「入ったばかりの自分が生意気なことを言いますが、もっと大きな仕事したいです、もっとお金も稼ぎたいです」

 

するとその優しい先輩は僕にこう言いました

 

「それは無理だよ~

お金は給料を貯めていくしかないよ。

手っ取り早い貯金の方法は食費を抑えるのが良いよ。

米だけあれば大丈夫!何とかなる!

おかずはモヤシ炒めがおススメだよ!

たまにスーパーで天かすが無料で貰えたりするからチェックしてみると良い」

 

さらに優しい眼差しでこう付け加えてくれました

 

「今度の休み一緒にパチンコ行く?」

 

優しさが余計切なかったです

 

3年正社員で働いているその先輩の生き方は今後の自分の生き方です

 

もちろん無駄な食費を抑えるのは大事だけど、思っていたよりモヤシ炒めは美味しかったけど、

先輩の考え方に憧れることができなかったことがショックでした

 

家に帰ると仲の良かった芸人がテレビで活躍している

 

僕はこれからどうしたら良いのだろう?

 

 

何か面白いことねーかなー?

何か良い仕事ない?

 

休日に友人と一緒に過ごしている時、

僕の口から出るのはそんな言葉ばかりでした

 

先の見えない不安しかない時期でした

 

そんな時たまたま購入し読んだ本が、

僕の方向性を大きく変えました

 

「金持ち父さん貧乏父さん」

 

公務員として働いていて、いくら頑張ってもずっとプチ貧乏な実のお父さん、いつも難しい顔をしていて大変そう、お金の話をすると怒る

 

もう一人は友達のマイクのお父さん

 

いつも楽しそうで、仕事の質も収入もどんどんレベルアップしていく、地域では一番税金も納めている、自由な時間を満喫していて多趣味、お金のことや働き方についても教えてくれる

 

二人の差はどんどん広がっていきます

 

その違いは、能力や努力の差ではなく、働き方だったのです

 

僕は衝撃を受けました

僕は何も考えず「普通に働く」ということをしていた、ということに気付きました

 

深く考えず、ただ「普通」に働いている人は、それ以外の働き方のことを教えられないのです

 

お笑い芸人のような特殊な働き方以外は、全て「普通の働き方」だと勘違いしていました

 

芸人にチャレンジしていた時のように、新しいものを作ろう!

新しい働き方のできる会社を作ろう!

普通の仕事を思いきり楽しくしていける、そんな新しい会社を作ろう!!

そう決意した僕は半年ほど働かせてもらった工場を辞め、

誰かの作った常識を鵜吞みにするのではなく、自分の人生は自分で考えて生きていこうと動き始めました

 

僕はそこで行動に移すことができました

 

しかし一人では目標に辿りつくことは難しかったと思います

僕はたくさんの人と出会い、助けてもらいました

 

27歳で決意し行動に移してからの2年間で大きく成長させていただき、29歳で会社を立ち上げることができましたが、

 

その時助けてくれた方の一人でも欠けていたら今の僕はないと思います

 

人は弱いと思います

 

一人でできる人ももちろんいると思います

 

しかし、僕は一人では確実に逃げ出していたはずです

 

そんな人は多いと思います

 

僕がたくさんの方に助けてもらったように、

僕も助けられる人になりたい

 

あの日の僕のように、

今日から変えていくぞ、と勇気を振り絞り一歩を踏み出せた人を、サポートしていきたいと思っています

 

行動できるかどうかは、ノリの良さで決まると思います

 

子供の頃は誰しもが持っていたモノです

 

大人になるにつれてなくなっていきます

 

幼稚な表現かもしれませんが、

夢を持ち、ノリ良く生きていくことは人生を豊かにする上で、

とても重要なことだと思っています

 

仕事の選択は、

人生の大半の時間を費やす大事な選択です

 

だからこそ楽しい時間を過ごしたいですよね

 

忘れてしまっていたり、

忘れようとしていた自分だけの夢を思い出し、

夢を叶えていける働き方をしませんか?

 

大人でも新しい夢は見つかるはずです

 

何個でも新しく持てるはずです

 

応援する側になった今、応援したいと感じる人は、

やはりノリの良い人、動ける人です

 

あの時動けなかったことへの後悔、あの時、あの時、

そんな過去の経験は誰にでもあります

 

大事なのは今です

これからです

 

ノリ良く動いていける方

ノリを良くしたい方

 

一緒に面白いことをやりましょう!

 

そんな生き方、働き方をしたくて株式会社BASECAMPを立ち上げました!